2005年11月16日

-Fool To Cry;愚か者の涙(Disk2-10)-

どうも〜。
今日のこのFool To Cryでアルバム、Forty Licksも40曲中30曲目です。
残り4分の1もがんばっていきます!

さて、本題に入ります。
この曲は1976年、4月に英米でシングルで先行発売、その後すぐにアルバム「Black & Blue;ブラック・アンド・ブルー」に収録されて発売された曲です。

しんみりくるバラードに仕上がってます。
歌詞といい、ヴォーカルといい、すごいいい感じに響きます。


この曲を録音した時期(1976年)はギターのミック・テイラーが脱退して、ロン・ウッドが入る少し前だったようで、ギターにはウェイン・パーキンスというギタリストが入っているそうです。
もちろん、ピアノはニッキー・ホプキンス。もう常連ですね。
因みに、ローズピアノをミック(ジャガー)がプレイしているそうです。

歌詞は「父親が自分の愚かさに気づく」みたいな内容です。
ミックがこういう曲を歌っても随分良いですね。


シングルでの発売で、全英6位、全米10位を記録し、
アルバム「Black And Blue;ブラック・アンド・ブルー」で全英2位全米1位を記録しました。









〜1976年のストーンズに関する出来事〜
2月      ビル・ワイマンの「Stone Alone」発売。
3月      ロン・ウッドがストーンズのメンバーになったことが発表される。
4月      「Fool to cry;愚か者の涙」発売、全英6位、全米10位を記録。
        アルバム「Black & Blue;ブラック・アンド・ブルー」発売、全英2位、全米1位を記録。
  (28〜6/23) ヨーロッパツアー。
5月       キースの車が事故、麻薬が発見され罰金。
8月 21日   「ネブワース・ロック・フェスティバル」に出演。


アルバム情報

B000000W5DBlack & Blue
The Rolling Stones

Virgin Records 1994-07-26
売り上げランキング : 1,772

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


曲目リスト
1.Hot Stuff
2.Hand Of Fate
3.Cherry Oh Baby
4.Memory Motel
5.Hey Negrita
6.Melody
7.Fool To Cry
8.Crazy Mama
posted by 級長 at 20:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Forty Licks(The Rolling Stones) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9413683

この記事へのトラックバック
Google
WWW を検索 級長のブログ内を検索


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。