2005年11月13日

-Shattered;シャッタード(Disk2-9)-

こんにちは。
この頃Forty Licksの記事を書くのを忘れてました。
で、今日はDisk2の9曲目、
「Shatterd;シャッタード」です。

この曲は1978年の6月に発売されたアルバム、「Some Girls:女たち」に収録されました。
(その後、米でシングルで発売、31位を記録。)


自分は以前、この曲はあまり好きでなかったのですが、こうして聞いてみるとなかなか興味深い曲です。

この曲の歌詞は、この頃ミックやキースが住み始めた、ニューヨークの「物騒さ」みたいのを歌ってます。


ギターは「フェーズ・シフター」というエフェクターをかけているらしく、独特のサウンドになってます。

あとこの曲のかっこいいベース、実はギターのロン・ウッドが(ギターもやってるけど)プレイしているそうです。
加えてロンは「ペダル・スティール」なるものも担当していると、解説に書いてあるのですが、なんなのでしょう?分かりません。
とりあえずロンが活躍しているって言うことです。



-1978年のローリングストーンズに関する出来事-
5月
5月
 ・ 「Miss You;ミス・ユー」をイギリスで発売、全英3位。
6月
 ・ 「Miss You;ミス・ユー」をアメリカで発売、全米1位。
 ・ キースが本名のリチャーズを名乗り始める。
7月
 ・女優のラクエル・ウェルチらが「女たち」のジャケットが肖像権の侵害だといったのでアメリカ版のジャケット変更。
8月
 ・「Beast Of Burden;ビースト・オブ・バーデン」をアメリカで発売、8位。
11月
 ・「Shattered;シャッタード」をアメリカで発売、31位と不振。
12月
 ・キースが初のアルバム、「Run Rudolph Run;ラン・ルドルフ・ラン」を発売





アルバム情報(1978年発売、『女たち』)

女たち


曲目リスト
1.Miss You
2.When The Whip Comes Down
3.Just My Imagination (Running Away With Me)
4.Some Girls
5.Lies
6.Far Away Eyes
7.Respectable
8.Before They Make Me Run
9.Beast Of Burden
10.Shattered





posted by 級長 at 16:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Forty Licks(The Rolling Stones) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
Google
WWW を検索 級長のブログ内を検索


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。