2008年01月02日

「アウトバーン」クラフトワーク(「Autobahn」Kraftwerk)

少し前の記事に書いた、ドイツのバンド。
ドイツのバンドの記事なんて多分始めて書きます。笑
しかもロックのジャンルとしては「テクノ」って言う未知の領域…w

このアルバムです…!!





アウトバーン
クラフトワーク

アウトバーン
EMIミュージック・ジャパン 1998-05-27
売り上げランキング : 40466

おすすめ平均 star
star驚きの先進性
starクラフトワークの最高傑作です。
star    /  電子音楽での表現性と実験性の AUTO-BAHN  / 

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

クラフトワークの「アウトバーン」。


なんでいきなりこのバンドに行ったかというと…
YouTubeで何かのライブ動画を見てたんですね、そしたら「Related Videos」の所に

kraftwerk- tour de france

が出てきて「何これ?!いかすんだけど…!!」とか思って見たのがきっかけですw


このバンド全然知らなかったのですが、テクノのバンドの先駆者的存なんでしょうかね…??

クラフトワーク - Wikipedia

1970年に前身のバンドから改称して「クラフトワーク(Kraftwerk)」としてデビュー。
「Krafrwerk」は英語読みでクラフトワークですが、ドイツ語読みでは「クラフトヴェルク」で「発電所」という意味だとか。


テクノとかホント全然聴いたことなかったんでよく分からないのですが、分類としては「テクノ」とか「テクノポップ」って所でいいんでしょうかね…??
なんか「テクノポップ」っていい響きw



前置きが長くなりましたが…笑
アルバム「アウトバーン」は1974年発売のアルバム。
ウィキペディアによると、
公に発表された初の電子音楽とされる
そうです。

シンセの「ミニモーグ(ミニムーグ??)」が使われているとか。
ELPとかもミニモーグでしたっけ…??
幅広く使われてますねぇ。。笑






さてさて。
一言で言えば、アルバム全体が「テクノポップ!!」的な感じですよね。笑
ドラムの音がもろにデジタルなんですが、映像探してみると謎の楽器を使ってます。

 kraftwerk- autobahn

表面がアルミホイルみたいな打楽器。。w
もうちょっと最近の色んなバンドのライブ映像とか見ると、ドラムセットに電子パッド(って言うんですかね??)を入れて、
普通のドラムじゃ出ない音を出せるようにしてるドラマーっていますよね。
(たとえばこんなの
http://www.roland.co.jp/products/jp/SPD-S/index.html

あれの原型のようなヤツでしょうか…??

当たり前ですが、アナログ感とか人間感が全くなくて不気味に爽やかな音が出てて「テクノ!!」って感じに仕上げるのに重要なエッセンスになってますよねw









…なんか話が脱線しまくり。。(汗)
1曲目、タイトル曲の「Autobahn」。
「バタン!!」とドアを閉めて、エンジン掛けて、クラクションを「ププーン!!」って鳴らして…
『あうとーばぁーん』
って始まりますねw

ヴォコーダーで歪んだ(わけでもないでしょうか?)感じの
「あぁぁうぅぅとぉぉばぁぁん…」
とか色々パターンがあって聴いてると面白いw


で、あとはほぼひたすら、シンセでのほほんとしたフレーズの繰り返し的なw
調べるとフルートとかも入っているようで、確かにデジデジな音じゃない音も違和感なく調和してますよね。


そういえばこの曲22分36秒もあるんですよね。。笑
最初に曲の長さを見てから聴き始めたら、

どう聴いてもプログレだよ〜
(マーィティーの「どう聴いてもRockだよ〜」的なw)

って思いましたねw

けどプログレって言うか、
テクノなんだけど親しみやすいポップ感にあふれている
みたいな感じで、「これがテクノポップかぁ…」って思いました。笑



この曲、ホントに基本フレーズの繰り返しみたいな感じで、聴いてると途中で飽き…
なんて事ありません!!爆
でも3分にしてシングルカットされたとか??
短すぎ!!w








アルバム全体が、たまにダークなエッセンスも入りながら、やっぱりポップで素敵に能天気というかなんと言うか。
パソコンとかしながらBGM的に聴き流したりするにはいい感じだと思うんですが、
残念ながら自分は「このアルバムだけに集中してじっくり聴きこもう!!」とは思いませんね…w


けどたまにはこういうジャンルに行ってみるのもいいと思います。
こういうのを聴いてからストーンズとかに戻ると、
「ストーンズってロック!!」
って改めて実感できますしw






ちなみに…
YouTubeでクラフトワークを調べて一番気に入ったのがこれ。

pocket calculator / dentaku

ボクハ オンガッカ、デンタック カタテニ
とか、途中で日本語で歌ってて素敵過ぎますw

これ結構最近の映像かなと思うのですが、歳を取ってからも以前と変わらずに自分たちの音楽を続けてるのってすごいですよね。
しかも多分メンバーは60歳とかだと思いますが、その歳でスーツでテクノ!!w

カッコよすぎます♪笑








不思議系なプログレ??テクノ??ポップ??
そんなように感じたバンドでした。
posted by 級長 at 14:21| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。僕は海外のテクノ/ニューウェーヴは好きじゃないです。でも、日本のは好きですよ。というか最近洋楽聴かないんです。お勧めはymo、ヒカシュー(主に初期)、有頂天。
Posted by パライダー at 2008年01月12日 14:08
パライダーさんお久しぶりです&あけましておめでとうございます。
元気にしてましたか…??

自分も海外のテクノ・ニューウェーブっていうとあんまり好きじゃないって言うか、あまり知らないですね…w
それっぽいのってDevoくらいしか知らないですし…

この頃洋楽聴かないんですか??(泣)
YMOは知ってるけどそれ以外、あんまり知らないのでYouTubeで見てみますね〜w
Posted by 級長 at 2008年01月12日 20:34
あなたのブログ良かった、とても好きだ
Posted by 久坂志保 at 2013年07月10日 12:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
Google
WWW を検索 級長のブログ内を検索


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。