2005年09月04日

-Honky Tonk Women;ホンキー・トンク・ウィメン(Disk1-18)-

 こんにちは。今日は
「Honky Tonk Women;ホンキー・トンク・ウィメン
(Forty LicksのDisk1-18曲目)です。

この曲は1969年7月3日に発売され英米で1位を記録したヒット曲です。このころはブライアンが亡くなってミック・テイラーが入ったばかりの頃でした。

 この曲ではギターをオープンG(どこも押さえないで弾くとGのコードがなる)にして演奏しているそうです。確か1弦と5弦と6弦を1音下げるんだったと思います。

 あと、CDの解説に「ピックを使わないパッティング奏法をしている」みたいなことが書いてあるのですがよく分かりません。

 色々調べてみるとビートルズのポール・マッカートニーもこの曲を演奏したりしてるそうです!

 収録されたアルバムは1970年発売の「Get Yer Ya Ya's Out」や「Through the Past Darkly: Big Hits 2」等みたいです。

 今気づいたんですけどブログにビートルズネタ何も書いてませんでした・…。





-1969年のローリングストーンズに関する出来事-

1月
 ・重税の為、イギリスを離れることを発表。
3月
 ・移住前の最後となるイギリス・ツアー。(4〜14日)
4月
 ・レコード会社の息子たちとローリング・ストーンズ・レコードを運営することが発表。
 ・フランスに移住する。
 ・ 「Brown Sugar;ブラウン・シュガー」をイギリスで発売、全英2位を記録。
 ・「Sticky Fingers:スティッキー・フィンガーズ」発売、英米1位を記録
5月
 ・ 「Brown Sugar;ブラウン・シュガー」をアメリカで発売、全米1位を記録
6月
 ・ 「Wild Horses;ワイルド・ホース」をアメリカで発売、28位を記録


posted by 級長 at 12:36| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | Forty Licks(The Rolling Stones) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございます。

私のブログで、ポール・マッカートニーもこの曲を演奏したと書きましたが、公式に録音したものではなく、あくまでリハーサルのリラックスした時に録音したようです。

個人的に好きなバージョンは、エルトン・ジョンの71年のライブ・バージョンです。
Posted by Jash at 2005年09月07日 02:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6547103

この記事へのトラックバック
Google
WWW を検索 級長のブログ内を検索


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。