2006年07月13日

キース復活!!!!

ちょっと遅いニュースですが、キース回復ということで記事行きたいと思います。


このブログをご覧いただいている方で、「キースって誰だ?」という方もいるかもしれないと思いますので、ちょっと経緯を書いときます。

キース・リチャーズはローリング・ストーンズのギタリスト。
ボーカルのミック・ジャガーとともにストーンズを引っ張っている(“rolling”させてる)、ストーンズの中でも鍵となるメンバーです。

そのキースが今年4月、ヤシの木から転落、頭を強く打ち最初は脳震盪など情報が出ていましたが、『硬膜下血腫』というものになり、入院・手術を受けました。
「脳内出血」のようなものみたいです。

「後遺症で、手足の麻痺がでてギターを一生弾けなくなるかもしれない」
という噂も流れていましたが、見事に復活してくれました。



ヤフーニュースから記事を引っ張っておきます。

 ストーンズ、キース復帰で欧州ツアー開始へ

   ⇒ストーンズ、キース復帰で欧州ツアー開始へ(拡大写真)


 ストーンズの欧州ツアーが再開、ロック魂は健在

   ⇒ストーンズの欧州ツアーが再開、ロック魂は健在(拡大写真)


 イタリア代表・マテラッツィと共演!ストーンズ、世界ツアー再開




いや〜、最初のニュースの4人の会見写真、いいですね〜。
ニュース読んで思い出したんですが、ギタリストのロニー・ウッドもアルコール中毒で施設リハビリしてたんですよね。


ニュースからの情報ですが、ヨーロッパツアーを再開したストーンズ、いきなりイタリアのミラノ公演で6万5000人も集めたんですね〜。

掲示板でパライダーさんも報告してくださった情報ですが、ステージにイタリアのマテラッツィ選手たちを招いて、
「キースもマテラッツィ選手も頭に問題があった人だね」
と冗談をかましてくれたようですね〜。



こういう記事を書いていると、彼らの不滅精神を象徴してるような歌詞で「アレ」が思い浮かびました。

But it's all right now,in fact,it's a gas!
But it's all right I'm Jumpin' Jack Flash,
It's a gas! Gas! Gas!

「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」の中のあの歌詞です。


そしてこの歌、いつもどおり、ライブの一発目で披露してくれたようです。



キース、ロニー、完全復活おめでとう!
これからも元気な姿を見せてください。



ブログランキングも元気な数字を復活させたいので(笑)、どうぞよろしくお願いします。


posted by 級長 at 18:02| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(1) | ローリングストーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんはー。TBありがとうございました。
キース完全復活の様で、本当にホッとしました。ロニーの方もアルコール中毒だったんですね・・。

「キースもマテラッツィ選手も頭に問題があった人だね」
これ、なかなかするどいネタですね・・。
Posted by muse at 2006年07月14日 01:10
museさんコメントありがとうございます〜。

いやぁ〜、ほんとキース無事でよかったですよね。
一時はどうなることかと…。

なんかその冗談、ミックが言ったようなのですが、さすがなセンスですよね〜。(笑)


これからもどうぞよろしくお願いします。
Posted by 級長 at 2006年07月14日 20:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20732510

この記事へのトラックバック

ミック・テイラー
Excerpt: ローリング・ストーンズのギターといえばもちろんキース・リチャーズである。 まれにブライアン・ジョーンズだと答える人もいるが。 デビュー当初はともかく、60年代中期以降は、やはりストーンズのギターと..
Weblog: 名盤!
Tracked: 2006-07-21 00:01
Google
WWW を検索 級長のブログ内を検索


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。