2006年05月02日

ザ・フーの映画、「キッズ・アー・オールライト」!

皆さんこんにちは〜。
更新が1週間ぶりと、とても久しぶりになってしまいました。
いつも来てくださっている皆様、ご迷惑をお掛けしてすいません…。

さぁ、今日の記事。
前々から予告してた通り、フーの映画、「キッズ・アー・オールライト」見ました〜!




商品はこんな感じですね。
(6090円もする、『完全版』しか在庫が無いようです。)


キッズ・アー・オールライト ディレクターズ・カット完全版
B000244TH4ザ・フー

BMG JAPAN 2004-07-21
売り上げランキング : 7,564

おすすめ平均star
starこの内容なら価格も気にならない。素晴らしい!
starはや20年
star最高です 10代に戻りました

Amazonで詳しく見る




この作品は1979年(←あってます?)に製作された、ザ・フーの映像作品。
ザ・フーの派手なアクションがたっぷりと堪能できる映像作品でした。



最初の曲は、代表曲の「マイ・ジェネレーション」。
自分はフーの映像を見るのは、ほぼ初めてなのですが、いきなりびっくり。
皆さん派手な事やってくれてます(笑)。

でも自分が一番驚いたのはベースのジョン・エントウィッスル。
指弾きがかなり速かったです!
しかも弾いてる位置がかなり、ヘッド側。
前から、ジョン・エントウィッスルのベースは好きだったのですが、改めて驚かされちゃいました〜。




はじめの何曲かは、
ギターのピートがギターを投げて、アンプにぶつけて、叩きつけて…で、
ドラムのキース・ムーンがドラムセットをバラバラにしたり、投げたり…で、
ボーカルのロジャー・ダルトリーがマイクのコードを持ってぶんぶん振り回したり…、
だったんですが、途中からはあんまりやらなくなってました。

で、ラストはまた、たっぷりやってくれてました(笑)。


途中、リンゴ・スターがキース・ムーンと出てきて、「やっぱ薬使わないとぉ〜」とか言ってました(笑)。




知ってる曲があまり無くて、メンバーの顔も分からないくらいだった級長ですが、知らない曲も結構楽しめました〜。
「フー・アー・ユー」とかもタイトルだけしか知らなかったのですが、ノリノリでした(笑)。



アルバム「フーズ・ネクスト」に収録されている、「ババ・オライリィ」とか、「Won't Get Fooled Again(無法の世界)」等もやってましたし、
アルバム「マイ・ジェネレイション」に収録されている曲もかなりやってましたね。


映像としては、69年のウッドストックとかからも出てました。
調べてみるとウッドストックにフーがでたのは8月16日。
その後(翌日らしいです)出演したジミヘンがクラッシュをしたのは、フーの影響とかよく言われてますよね。




ところで見てて思ったんですが、ピートのギターアクション、何となく…
何となく…
何となく…
何となく…

マイケル・ジャクソンのムーンウォークっぽくないですか?
(↑自分でも謎です。笑)

なんか、ピートのアクションって、体をシャキシャキ、ガチガチ動かしてるように見えたんですね。
最初は違和感あったんですが、慣れてきたらすごいかっこよく見えました〜。


あと、ドラムのキース・ムーン。
自分はドラムの事よく知らないですが、ピーとってすごいドラムが上手く見えます。
ものすごい速打ちな感じで、しかもスティックをクルクルしてて。

ただ、この作品が製作された79年の前年、78年に亡くなっているんですね。
この作品ってキース・ムーンへの追悼って言う意味合いも込められているんでしょうか。




というわけで、とても楽しめた2時間でした。
NJさんがあれだけ薦めて下さってたのも納得しました〜(笑)。
是非、買いたいですがまだお金が無いので…(笑)




現在130位のランキング…。

↑やっと上がってきました!
あと10倍くらいは上げていきたいので(←欲張り?笑)、どうぞよろしくお願いします〜。
posted by 級長 at 22:09| 東京 ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぅむっ!

あしたシラフになったらまたコメします。
Posted by NJ at 2006年05月03日 02:12
キース・ムーンのドラムは「腕何本あるんだ!?」っていうぐらいめちゃくちゃ叩いてますからね。キース・ムーンのドラムはコピー不可能と言われてるらしいです。何故かというと、全てアドリブで装飾音をつけまくってるからです。ジョンのベース。すごいですよね。ホント、ポール並みにベースの地位を上げてくれた人だと思います。「なんか、ベースがいい曲ない?」と、聞かれたら「サムシングとマイ・ジェネレイション」と僕は答えます。「サムシング」は世界一優雅なベース。「マイ・ジェネレイション」は世界一カッコイイベースですから。
Posted by パライダー at 2006年05月03日 07:40
はじめまして、Whiskey Man と申します。
このブログは結構 THE WHO についてのコメントが載っているんですね。
私も THE WHO は大好きです。そしてストーンズやビートルズも好きですよ。
(ローリングストーンズやビートルズ、ザ・フーが好きな) 級長のブログ
としくれたらいいのになぁ〜なんて勝手に思ってます(笑)!
「キッズ・アー・オールライト」は本当にロック・ファン必見ですね!

パライダーさんの「なんか、ベースがいい曲ない?」と、聞かれたら・・・ですが、
「サムシング」と「マイ・ジェネレイション」をすでに挙げられてしまったので(両方大好きです)
ビートルズ (ポールなら)「ドント・レット・ミー・ダウン」
THE WHO (ジョンなら)「ドリーミング・フロム・ザ・ウェイスト」ですね。
あとクリーム (ジャック・ブルース) の「クロスロード」を挙げますね。
Posted by Whiskey Man at 2006年05月04日 01:10
NJさん、今回の映画、ホント楽しめました〜。

では、またあとでコメントお願いします〜。
Posted by 級長 at 2006年05月04日 13:35
パライダーさんどうもです〜。
キース・ムーン、ホントすごかったですね〜。
彼、すごいノリノリで叩いてましたし、超速かったですし。

前からジョン・エントウィッスルのベースは「暴れ具合」が大好きだったのですが、この映像を見てまた、大好きになりました。
「マイ・ジェネレイション」のベースの暴れ方、大好きです。

自分が思う、ベースがいい曲は
ビートルズなら「オールド・ブラウン・シュー」とか?
ザ・フーの曲はあんまり知りませんが、「マイ・ジェネレイション」でしょうか?

サムシングのベースって、本当はもっと音が目立つ感じだったのを、
ジョージが「そんなに目立たすな」って怒って、あんな感じに落ち着いたんじゃなかったでしたっけ?
すごい綺麗な感じですよね〜。


他にも結構、いい感じのベースってありますよ。
ジャズの系統が混ざっている、プログレのバンドとかすごいです。

昨日は、ツェッペリンの「狂熱のライブ」を見たのですが、ジョン・ポール・ジョーンズのベース(コチラも「ジョン」ですね〜)もすごかったですよ。
あんまり目立たないんですけど、かなり速弾きしてたり。

この頃ベース触ってないから練習しないと…(汗)
Posted by 級長 at 2006年05月04日 14:05
Whiskey Manさんはじめまして。

そうですね〜。
タイトル変更しましょうか!(笑)
このブログ名は、ブログをはじめた時点に、聴いてたバンドなんです。
「ブログ名にバンドの名前を入れたら検索エンジンに引っかかるかな〜」なんて思いながら、こんなブログ名にしたんです(笑)。

ザ・フーの映像作品を見るのは初めてだったんですが、クラッシュしてるのとか見て興奮しました(笑)!


ビートルズのベース、「ドント・レット・ミー・ダウン」良いですね〜。
今、パライダーさんへの返事に書いたんですが、「オールド・ブラウン・シュー」のベース、あれ、自分的にはすごいと思うんですけどどうでしょう?
中盤とかやばいと思います。
あとは、「カム・トゥギャザー」とかもかっこいいと思います。

クリームはすごく聞いてみたいです!
ジャック・ブルースってベースの音をギターみたいに歪ませたりするんですよね?
あと、6弦ベースとか?
すごい気になってます。


これからもコメント、どうぞお願いします〜。
Posted by 級長 at 2006年05月04日 14:17
コツコツ手に入れよう。
Posted by NJ at 2006年05月06日 09:57
NJさんどうもです〜。
短く、簡潔なお言葉ありがとうございます(笑)。

そうですね、月1枚くらいCDなど買っていけるんで、DVDも『いつか』買いたいと思います(笑)。

それにしても、キースだいじょぶなんでしょうか?
気になります…。
Posted by 級長 at 2006年05月06日 19:42
>映像としては、69年のウッドストックとかからも出てました。
調べてみるとウッドストックにフーがでたのは8月16日。
その後(翌日らしいです)出演したジミヘンがクラッシュをしたのは、フーの影響とかよく言われてますよね。
---
Jimi Hendrix Experience と The Who が出演の順番を争って、The Who が先、Jimi Hendrix Experience が後になり、Jimiがstratocasterにオイルをかけて燃やしたのは1967/6/17か18のMontrey International Pop Festivalです。
ちなみにJimi Hendrix と The Who は、モントレー、ウッドストック、Isle of Wight という'60年代後半の大きなイベントに全部出ているアーティストですね。
Posted by ザ・ブー at 2006年06月06日 00:05
ザ・ブーさんこんにちは。
ご指摘ありがとうございます。
自分、間違った事書いてしまったようですね…。
まだまだこの辺の『歴史』の知識が乏しいもので…。

この時代のフェスティバルで聴いたことがあるのは、「モントレー」と
「ウッドストック」ですが、モントレーのほうも大きかったのですね。

これからもよろしかったらコメントなど、どうぞよろしくお願いします。
Posted by 級長 at 2006年06月06日 19:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
Google
WWW を検索 級長のブログ内を検索


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。