2006年04月25日

ゴールデンウィークはBS2でストーンズを!!!

昨日、友達がメールでこんなことを教えてくれました。


「5月4日にBS2でストーンズの映画やるらしいよ。」


何っ?!


いろいろ調べてみました。
その友人によると、映画名は「ザ・ローリング・ストーンズ」、監督はハル・アシュビーという人らしいのですが、そんな映画の名前聞いたことがありません(←単に知らないだけか?)。


で、調べていくと81年の映画、「レッツ・スペンド・ザ・ナイト・トゥゲザー」みたいです。
映画といってもライブの記録映画でしょうか?

そのタイトルの映像作品なら、名前聞いたことあります。
多分これですね。

レッツ・スペンド・ザ・ナイト・トゥゲザー
B00008CHDHザ・ローリング・ストーンズ ハル・アシュビー

ビデオメーカー 2003-03-07
売り上げランキング : 6,461

おすすめ平均star
star25年前ですね!
starミックの背中越しに見るロックの頂点
star「STIL LIFE」と同じツアーから収録

Amazonで詳しく見る



81年って言うと「スタート・ミー・アップ」出した年なんですね!!

放送は、BS2で5月4日(木)午後8時3分からです。
見るの楽しみ!!!



そして、驚愕の事実が明らかに!!(笑)



ストーンズの放送は4日、木曜。
2日、火曜にザ・フーの「キッズ・アー・オールライト」が放送されます!!!!
しかも、
3日、水曜にツェッペリンの「熱狂のライブ」です!!


全部、午後8時からです。


2日、3日、4日の午後8時はBS2で決まり!!!!(笑)





更に、土曜の夜11時からは「BSサタデーライブ 黄金の洋楽ライブ」。
6日にジミヘン、

そして、
20日にストーンズの69年ハイドパークです!!






こんなにBS2の宣伝をしている級長は、NHKの者ではありません(笑)。












NJさん、「キッズ・アー・オールライト」、自分が買うより前に放送されるっぽいです(笑)。







現在168位のランキング…(泣)。
↑クリックして頂けると、ランクアップに必要なポイントがこのブログに加算されます。
また20位くらいに返り咲きたいので、応援よろしくお願いします!


posted by 級長 at 18:30| 東京 ☁| Comment(13) | TrackBack(2) | ローリングストーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やたね〜。あるていど、編集されるだろうけど、BSだから満足のいく内容にしてくれるでしょう。しかし、ランキングちょっと更新しないだけで落ちちゃうもんなんですね。ほぼ日が横綱級なのが分かりました。
Posted by パライダー at 2006年04月25日 20:22
Let's Spend〜の映画は、全曲編集されて短くなってます。ただ、当時としてはメチャクチャ大規模なツアーの雰囲気はすごくよく伝わります。

The Kids〜やるんかい!?観ずには死ねぬ映画じゃ!!観れればいいのじゃ!!
録るべしっ!!!!!

ツェッペリンもい〜ねぇ!私はまともに唄えてないロバートしか見たことがないから、その映画は観てみたいですねぇ。
Posted by NJ at 2006年04月26日 23:31
TVガイドで放送時間をチェックしましたら、3日ともノーカットではないかと思います。
Posted by NJ at 2006年04月27日 18:28
パライダーさんどうもです〜。

NHKもこの頃はいい感じな番組組んでくれてますね〜。
そういえばパライダーさんはツェッペリンとかは興味ありましたっけ?


ランキングは更新しなくてもランクアップ可能なんです。
更新してない日も、ランキングへのリンクをクリックして頂けると嬉しいです(笑)。

↑更新してない日もクリックして頂けると、ランキングのポイントがこのブログに加算されます(笑)。
Posted by 級長 at 2006年04月27日 23:32
NJさんコメントありがとうございます〜。

「Let's spend〜」、これかなり期待してます!
ストーンズの映像作品ってあんまり見たことなかったので。

そして「キッズ・アー・オールライト」!!
長い間、ずーっと見たかった作品です(笑)!

ツェッペリンはあんまり知らないんですが、ボーカルのロバートさんが後期で喉を駄目にしちゃうんですよね?
「Black Dog」とかしか知りませんが、あんな凄い高い声出してたから仕方ないんでしょうか…。

ツェッペリンの、ジョン・ポール・ジョーンズって言う人の名前が何か好きです(笑)。


ノーカットで無いんなら、なおさら楽しみ!
ですが、うち、録画できないんですよね…。(泣)
Posted by 級長 at 2006年04月27日 23:45
3本とも手元に置きたいモノですね〜

牛丼おごっちゃるからおねがひ〜

なんて誰かに頼むとかね〜
Posted by NJ at 2006年04月28日 00:06
級長さんこんにちは。「レッツ・スペンド・ザ・ナイト・トゥゲザー」は公開当時友人数人と映画館に観に行って、大声で歌うという超迷惑なことしてました。若気の至りですね(笑) 「ラヴ・ユー・ライヴ」なんかに比べると軽くてチープで、下手だなぁ、とその頃は思ってましたが、キースのひたむきなギタリストぶりに今は感動さえ覚えます。このフィルムを観るたびに一度でいいから黄昏時に始まるアウトドアでのストーンズを観てみたいと思います。級長さんの感想楽しみにしてます。
Posted by 古のフットボール at 2006年04月28日 03:30
おっ!Zeppelin の話題が・・・。
「The Song Remains The Same」、この映画は1976年に公開(日本では'77年だったと思います)されたんですが、ライブの映像は'73年に撮影されました。
サウンドトラック・アルバムもありまよ。
映画にはあってサントラには収録されていない曲もありますね。
映画もサントラもかなり編集がなされているので熱心なファンの間では賛否両論(ちょっとオーバーかな?)もありますね。
とはいっても Zeppelin の映像関連は極めて少ないし、数年前に発売された「DVD」が出るまではまともなライブ映像はなかったので「The Song Remains The Same」のポイントは高いと思われます。私は単純に動く Zeppelin のメンバーが観れるというだけで大いに満足してますけど。
ロバート・プラントの喉云々についてですが '73年のこのコンサート・ツアーあたりからアレレ?という兆しがあります。
その一方でこの年のツアーは当時におけるロック・コンサートの動員記録を打ち立てるなど、ストーンズやフー等と肩を並べる地位を築いたとされています。
Posted by 地味井 頁 at 2006年04月28日 14:41
NJさん、自分にはそんなお金も無いです…。(泣)

まぁ、月に1作品、CDかDVDくらいなら買えるので、こつこつと買っていこうかなとも思ってます。
Posted by 級長 at 2006年04月28日 22:07
古のフットボールさんこんばんは〜。
良いですね〜、映画館で歌うとは(笑)!!

「軽くてチープ」との事ですが、自分はストーンズの「不器用さ」みたいなものが大好きなので、結構楽しみです。
キースもどんな感じか気になります。
今回はフライングVじゃないですよね?
何か変わったの使ってないか楽しみです。

あと、ロンにも注目したいです。
ビガバンツアーではロンのかっこよさとかわいらしさに酔いました(笑)。


感想は是非、書きたいと思います!
ご期待ください〜。
Posted by 級長 at 2006年04月28日 22:25
地味井 頁さんこんばんは〜。
サウンドトラックもあるんですね!
全然知りませんでした…。

アマゾンのレビューでも、編集に対する不満とかが書かれていたような気がします。
自分が無知なだけかもしれませんが、自分はツェッペリンの映像は見たことがないような気がします。
(↑と言うか、曲もあんまり聴いてないんですけどね…汗)

ボーカルの喉、何か可哀相ですよね。
ボーカルだし…。


ところでこのツアーってそんな記録的だったんですね!!
ほんと見るの楽しみになってきました!
感想も書きたいと思いますので、ご期待ください〜!
Posted by 級長 at 2006年04月28日 22:48
ジョ、ジョン・レノンもやるらしい・・・・。見て!
Posted by パライダー at 2006年04月29日 17:49
土曜日ですよね〜?

見られたら見ます。
↑ちょっとはっきりしない回答…(笑)
Posted by 級長 at 2006年05月02日 23:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17028542

この記事へのトラックバック

なぜShake Your Hips ???
Excerpt: アナログの時代から音源だけは聴いたことがあったのですが、映像は初めて見ました。ス
Weblog: 古のフットボール
Tracked: 2006-04-28 00:28

ローリング・ストーンズ(5月で開店1年)
Excerpt: 今月のブログテーマ画像は、あの「Rolling Stones」である。メンバーの入れ替えはあったが、63年にデビュー以来今日に至るまで活動を続けてきた、言わばロックの殿堂とも言える存在だろう。 ..
Weblog: 時評親爺
Tracked: 2006-05-01 09:09
Google
WWW を検索 級長のブログ内を検索


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。