2006年03月21日

「ローリングストーンズ伝説の目撃者たち」バトン

なんと、「ローリングストーンズ伝説の目撃者たち」バトンを、

ローリングストーンズ伝説の目撃者たちの長井さん、
“Mind Resolve”のみなみさん

のお二方から頂きました!


では行ってみましょう!!
(って言ってもストーンズ暦1年でフォーティーリックスの曲ぐらいしか分かりませんが…)



●朝起きて、最初に聴きたい曲は?
「スタート・ミー・アップ」とかいいと思いますが、
「シーズ・ア・レインボウ」のかわいらしいピアノのイントロで目覚めるのも良いかな?


●ひどい目にあって、落ち込んだときに聴く曲は?
落ち込んで、持ち直すために聴くなら「ミックスト・エモーションズ」とかどうでしょう?
You're not the only one〜♪ って。


●今日、世界が滅亡する。最後に聴きたいアルバムは?
「フォーティーリックス」ってありですか(笑)?
とりあえず「ア・ビガー・バン」ですかね。


●今、誰にストーンズを聴かせたいか?
学校の友達。
友達に「ストーンズって良いよ〜」って言うと、
「は?ストーンズ? お前そんな古いの聴いてんの?!」とか言われます(泣)…。
みんなベロのマークは知ってるんだし、聴いてくれてもいいのに。


●バトンをまわす5人
ヴァイナル☆ヂャンキーの趣味地獄篇
のV.J.さん、またお願いできますか?

他にもこのブログをご覧になっているブロガーの方、どうぞよろしくお願いします。











なんかバトンを頂いても、なかなか上手くかけません…。
バトンを下さったお二方、これからもどうぞよろしくお願いします。

posted by 級長 at 16:36| 東京 ☀| Comment(12) | TrackBack(1) | ローリングストーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すまん!!
このバトン、なぎさのロック!のなぎささんから先に受け取ったんだわ!私、HP持ってないのにね。私の周りのフリークに渡すかぁ!興味のおありの方は、このHPのリンクからドウゾ!彼女、なんまら気合い入ったロックお姉さんだじょ!!
Posted by NJ at 2006年03月21日 16:48
>NJさん
ごめんなさい、記事中のバトン先は「V.J.」さん(ブイ・ジェーさん)なんです…。

NJさんもなぎささんから回されてましたし、よろしかったらこのブログのコメント欄か掲示板にでも書いていただけませんか?

Posted by 級長 at 2006年03月21日 16:55
そういえばNJさんご存知かなと思い質問なんですが、
山川健一さんって有名な方なんですか?

このバトンを回してくださったブログさんがその方に関係がある方だとか。


自分は全然知識ないので「山川さん」を知りません…。
Posted by 級長 at 2006年03月21日 16:59
山川健一さんは、まさにストーンズやビートルズをオンタイムで体験した世代の作家。日米安保条約闘争のときに、授業をボイコットして、校内に作ったバリケードの中でストリート・ファイティング・マンとかJ.J.Fのシングルレコードを貪り聴いてたんだと。
彼の小説は読んだことはないけど、エッセイは好きだな。ストーンズフリークを自認する、モノ書きの中では、私は一番信頼すべき文章の書ける人物だと思います。
Posted by NJ at 2006年03月21日 18:10
NJさんコメントありがとうございます。

なるほど〜。
何か今回のストーンズの来日公演にあわせて本を書いたようで、他のブログでたまに見かけます。

何か歌手(?)でもあるらしいですけど、やっぱりストーンズの影響を強く受けてるんですかね?
Posted by 級長 at 2006年03月23日 22:27
彼はバンドやってるらしいですねぇ。聴いたことはないけど、影響を受けてないハズはありえないでしょうねぇ。
Posted by NJ at 2006年03月23日 23:26
あと、この方はフリークを自認はしてませんが、五木寛之さん。ストーンズ初来日時の、彼とミック、キースとの対談記事は、すばらしく面白かった。二人の性格、育ちなんかを瞬時に見抜いて、二人の考え方、その元となる体験や知識までも引き出して見せていました。なんまら読み応えありましたねぇ!
Posted by NJ at 2006年03月24日 00:25
五木寛之さんって確か作家でしたっけ?

その対談記事って本になってますか?
何か読んでみたいです〜。


読書嫌いな自分ですが、ストーンズのことなら読めると思います。

いろいろと調べてみたいと思います。
Posted by 級長 at 2006年03月24日 16:28
その本、山川健一主宰だった、ニュー・ルーディーズ・クラブという雑誌です。シンコー・ミュージック刊。今は出版されてないんでなかったかなー?その#1号はストーンズ特集で、その中にインタビューが載っています。しかし、10年以上前の雑誌なので、古本屋にあればラッキーかもしれませんね。足で稼ぐしかないかな?
Posted by NJ at 2006年03月25日 16:56
10年以上前の雑誌を手に入れるっていうのは無理っぽいですね…。

とりあえず今週中にストーンズ関連の本を図書館で借りてこようかと思ってます。

気を抜いたらすぐストーンズじゃない方向へ行っちゃう自分なので、頑張ってストーンズマニアになっちゃおうと思います(笑)!
Posted by 級長 at 2006年03月25日 23:52
あら、こんなバトンがあるんですね。

やってみてもいいでしょうか?
Posted by あび at 2006年03月30日 18:38
あびさんこんにちは〜。

もちろん、大歓迎です。

お暇な時で結構なので、バトンお願いします。
Posted by 級長 at 2006年03月30日 23:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ロックンロール・ゲームス 山川健一
Excerpt: ロックンロール・ゲームスposted with amazlet on 06.01.10山川 健一 角川書店 (1986/11)Amazon.co.jp で詳細を見る ローリング・ストーンズが今年3..
Weblog: 音楽本の世界
Tracked: 2006-03-23 23:29
Google
WWW を検索 級長のブログ内を検索


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。