2005年12月19日

-Keys To Your Love;キーズ・トゥ・ユア・ラブ(Disk2-13)-

今日は久々にローリングストーンズのアルバム、「Forty Licks」から一曲解説!

てな訳でDisk2の13曲目、「Keys To Your Love;キーズ・トゥ・ユア・ラブ」です。
この曲は、Forty Licksのために当時作られた新曲です。

チャーリーのドラムから始まり、
ミックのボーカルの世界に引き込まれます。
最後の方、キースのギターソロがまたかっこいい。


そういえば解説に「ミックがファルセットを交えて…」と書いてあるのですが、
自分は『ファルセット(falsette)』の意味を知りませんでした…。
調べてみると「裏声」。
なるほど。
因みにイタリア語の『嘘(falso)』、つまり「嘘みたいな声」からきているようです。


あと自分がこの曲の中で好きなところはサビの直前、
ア、ガ、タ、keys to your love〜
っていう所です(謎)。
この曲は発売当時の新曲なので歌詞がついていないのですが、
I got keys to your love〜
って言う感じでしょうか?
なんかいいですよ。
感情が入っているというかなんと言うかで。


因みにベースはビル・ワイマンが脱退してから、けっこう参加している、ダリル・ジョーンズさんらしいです。


ランキング下降中(泣)…
posted by 級長 at 17:41| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Forty Licks(The Rolling Stones) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
級長様
お久しぶりです、都内の師匠です。
某さんよりアドヴァイスで私もBLOGを開設してみました。よかったら遊びに来てくださいね。
Posted by 都内の師匠 at 2005年12月20日 02:15
都内の師匠さんこんにちは〜。
コメントありがとうございます。
遂にブログ開設されたのですね、毎日チェックします!
でもこっちにも来て下さいね。
では〜。
Posted by 級長 at 2005年12月20日 14:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10829540

この記事へのトラックバック
Google
WWW を検索 級長のブログ内を検索


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。